2015年度のベスト3

2016年07月12日 10:03

新緑の良い季節になって来たというのに、相も変わらず精神的に安定していないカリメン2号です。
これからドンドンと日差しはきつく、気温は暑くなっていくのに…。
今年の夏は、精神的にも肉体的にも持つだろうかと不安になってしまいますね。
今更ですが恒例に成りつつある映画ベスト3を発表したいと思います。
例年はキネマ旬報の2月下旬号が発売される春先に、このブログで記事をアップしていたのですが、今年は発表から随分と時間がたってしまいました…。
楽しみにして下さっている人がいるのであれば、本当に申し訳ないです。
2014年のベスト10はというと、山田洋次監督やクリント・イースドウッド監督などの作品が、ベスト10に漏れること無く入っていましたが、果たして2015年のベスト10は、どの様な結果になったのか気になりますね。
ただ毎回の事ではあるのですが、相変わらずカリメン2号がまだ観ていない作品が多数あった…。
こんな状態で今年の総評などやって良いものかと疑問に感じますが、まぁ個人的な総評なので良しとしましょう。
それでは早速ですが邦画・洋画の各ベスト3の発表です。

邦画部門のベスト3
1位:『恋人たち』
2位:『野火』
3位:『ハッピーアワー』
となりました。

洋画部門のベスト3
1位:『マッドマッドクス 怒りのデスロード』
2位:『アメリカン・スナイパー』
3位:『アンジェリカの微笑み』
という感じです。

2015年のベスト3の順位は、この様な感じになりました。
やはり、ほとんどの映画作品を見逃している…。
しかしながら、注目していたクリント・イーストウッド監督の『アメリカン・スナイパー』は、やはりベスト3には入って来ましたね。
そして邦画では『ハッシュ!』や『ぐるりのこと。』などの作品で、監督を務めた橋口亮輔監督の『恋人たち』が、見事に1位を獲得しました。
昨年の映画作品の流れとしては、2014年の映画作品の多くには「人の業」のようなテーマが、数多くの作品に取り入れられていたように感じました。
そして今年の流れとしては、2015年の総評としては「狂気」がテーマではないだろうかと思います。
『アメリカン・スナイパー』や『マッドマックス 怒りのデスロード』など、ベスト10に入った多くの作品に、これらの特徴が見て取れます。
一言に「狂気」とは言っていますが、『マッドマックス 怒りのデスロード』のような一目で見て分かるような狂気もあれば、『アメリカン・スナイパー』や『きみはいい子』のような、静かな狂気というのも目立っていたような気がします。
今回のベスト10の結果は、今の世界情勢を映し出しているようにカリメン2号は感じました。
まさに今現在の世界情勢が狂気じみているということの象徴ではないかと思います。
特に邦画に関しては、戦争が重要な要素となっている作品が3つもベスト10に入っていますが、これは昨年の安全保障関連法案に対する警鐘なのではないかと考えます。
テロや国際的な紛争が収まっていない情勢の最中、今まで戦争というものから遠い立ち位置にいた日本が、戦争やテロの標的になるような行動をとるのは、狂気じみているということを映画作品は映し出しているように感じました。

今回のブログ記事は、こんな感じです。
映画とは社会を映し出す鏡だとは言いますが、これだけベスト10の作品に「狂気」というテーマが散りばめられていると、本当に「狂気」が世界中に蔓延しているように感じますね
とは言うもののベスト10に入った作品のどれか一つは評論しようと思っているのですが、今回は本当に観ていない作品が多すぎて、映画評論を書くにはかなりの時間が掛かりそうです。
また、ここに掲載しました順位の情報は、キネマ旬報の2月下旬号からの引用となっています。
次回のブログ記事は決まっていませんが、何としての今月中に一本は映画評論をアップしなければと思っています。

カリメン2号
スポンサーサイト