進化はアトラクションのように

2016年06月20日 12:01

最近の気候は不安定で、風情ある日本の四季が失われつつあるように感じるカリメン2号です。
相変わらずのテンションなのですが、気候の不安定さに呼応するように、ますます気持ちが落ちて行っているようです。
それでも少しはブログ記事をアップしていきたいと思い、映画についての記事をアップしたいと思っています。
前のブログ記事でも、少しだけ書かせていただきましたが、本当に技術の進歩による娯楽の変化は早いものですね。
インターネットのによる映画チケットの販売は、デジタル化されているのは知っていたのですが、劇場でのチケット販売までもがタッチパネルの機械式に変わっていた事は本当に驚かされました。(それとも今では、これが主流なのか?)
映画撮影のフィルムも、劇場での上映用フィルも主流はデジタルフィルムとなり、映画が時代の変化の中で劇的に変わってきているように思います。
そんな新技術の中で、気になっていたものの今まで体験する機会が無かった、最新技術の4DXなるものを体験してきました。

4DXの看板

映画の技術革新については、技術的な記事から独り言のようなことまで、過去の記事にも書きましたがカリメン2号は映画の3D化には否定的です。
しかしながら、果たして自分が体験してもいない4DXの記事を書くのはどうかと思い、実際に劇場まで足を運んだという訳です。
まぁ、どの様な事でも初体験というものは手間取ることが多く、今回の4DX体験も色々とありました…。
映画を上映するギリギリの時間に着いてしまったカリメン2号が全面的に悪いのですが、入場手続きが本当に面倒くさいものだと感じてしまいました。
チケット発券時には心臓に持病は無いかと聞かれ、手荷物はロッカーの中にしまうよう指示をされ、劇場の入場時には係りの者に案内されるなど、普通の映画館では無いような指導を受けました。
映画の内容はさておき、映画の新技術にはネガティブなイメージを持っていたこともあり、ここまで厳重にするほど凄いものとは思っていなかったのですが、予告編の時点で座席が動いていることに驚き、これほどの対応するのには納得でした。
ただ、本当に映画を観るということに関しては、手間が掛かり過ぎているような感じを受けましたが…。
色々なブログから前もって情報を聞いていたので、何となくですがイメージは掴めていましたが、実際に体験してみると10分も経たないうちにイライラとして来ました。
分かっていた事なのですが映画鑑賞に+αという感じではなく、まさに別物のアトラクションという感じの方が強かったです。
映画の冒頭部分では新鮮な驚きを感じることは出来たのですが、何よりも映画に集中していると心臓に悪いく、何とも落ち着かないのです。
そして、雨の演出などは濡れるというほどでは無いですが、水滴が落ちて来て何とも鬱陶しいことこの上なく、座席の手元に付いている水の出る演出をOFFにすれば良かったと思ってしまうほどです。
4DXを体験してみて短い時間なら良いものの、映画という長い時間では「いい加減に落ち着け!!」と思ってしまい、某アミューズメントパークにあるようなシステムに、映画の行く末に不安を感じるものになっていました。
毎回のように思うのですが新技術の取り入れも良いが、映画作品の質の向上を切に願うばかりです。
アトラクションとしては面白い試みなのでしょうが近い将来、映画鑑賞にもシートベルトが必要になるのではと本気で危惧してしまうカリメン2号でした。

今回のブログ記事は、こんな感じです。
正直なところ映画というメディアも、棲み分けのようなものが出来てきたように思ってしまいまうね。
超大作と言われるような娯楽と興行を中心とした映画館が増えてきているように思います。
映画業界が盛り上がっていることは嬉しいのですが、その反面で雰囲気が良く、良質な映画を提供してくれる映画館が、本当に少なくなっているように思います。
時代の流れというものがありますが、少しだけ寂しいように感じてしまいますね。
次回のブログ記事は決まっていませんが、映画評論の記事をアップできれば嬉しいなと思っています。

カリメン2号
スポンサーサイト

躾と虐待の狭間で

2016年06月07日 13:53

早めのブログ更新を心掛けていたのですが、先月の記事も映画評論だけになってしまいました…。
忙しかった訳ではないですが、親族関係の揉め事に関わると、本当に精神力体力を削られていくことを実感するカリメン2号です。
梅雨が理由なのか揉め事が理由なのか分かりませんが、ますます精神的に安定していない日々が続いています。
なので今回のブログ記事は、愚痴を含めた独り言になると思いますので、嫌な方は見ないでいただけると助かります。

最近のテレビニュースで、数日にわたって報道されていた行方不明の男の子が、無事に保護されたというものがありました。
この時期の北海道の夜は、涼しいを通り越して寒いことが多いです。
そのような環境の中で、一週間も行方が分からなかったということを考えると、最悪の場合も考えられました。
しかも低学年の子供では野宿や山に対する知識も少ないことから、正直に言いますと「もう助からないだろう。」とカリメン2号は思っていました。
そんな中で、行方不明だった男の子が無事に保護されたというニュースには、本当に驚かされることになりました。
今回の事件に関しては、今現在も色々とハッキリと解明されてない部分は多いですが、やはり幸運だったのが寒さを凌げる場所水分補給が出来る飲料水が在ったことが、男の子の命を繋いだことは言うまでもありませんね。
一般的に人間は水を飲まなければ、3日(72時間)で生命を維持できる限界となると考えられています。
これは水分補給が出来ずに脱水症状なり、それによって死に至ると考えられています。
実際は天候などの環境によって左右されるようですが、災害時なっどは72時間を目安に生存率が急激に落ちると言われています。
そして、これも環境や体格によって差異は出てくるのですが、水が飲める環境だとしても食物を食べないと、大方の場合は3週間 で死亡すると考えられています。
なので今回の事件に関しては、本当に幸運が重なった奇跡だったと言えるでしょう。
今回のような事件で問題となってくるのが、親が子供に対するという行為とはということだと思います。
置き去りという行為そのものに対して警察は、「心理的虐待の疑い」があるとして両親を児童相談所に通告したそうです。
正直なところ、これだけ大事になってしまったので両親の心労を考えると「もう、そっとしといてやれよ。」と思ってしまうカリメン2号ですが。
確かに北海道で生活している者としては、山林に置き去りという行為自体は、躾としては慎重に判断しなければならない事だと感じました。
ご存じの通り北海道は雄大な自然が多く残っている環境でもあり、たかが山林とは言うものの一歩間違えると、普通の大人ですら遭難してしまう可能性が高いからです。
今の時期は日中が暖かくなってきたこともあり、山菜取りに行った人が遭難してしまうという事故が急増します。
カリメン2号も大都会で育った訳ではないので、幼かったころには山菜取りに行ったは良いものの、遭難しかけ親に怒られた記憶もあります。
話を戻しますが、それでは躾と虐待の境界線とは何なのだろうと考えてしまいますね。
特にカリメン2号が昔の人間という訳ではないですが、祖母と暮らしていたことがあるので躾に関しては、今では考えられないような強烈なものもあったように思います。
実際、過去にはカリメン2号も、悪い事をして夜に家から叩き出された事があり、泣きながら反省した記憶があります。(今考えると、恐らく運が良かっただけなのでしょうね。)
これも一種の虐待に当たるのでしょうか?
ただ当時のカリメン2号は、自分が悪い事をしたのだから怒られる事は当然だと受け入れていました。
なので置き去りという行為の限度はあるにせよ、躾という行為においては親のさじ加減ではと思ってしまいます。
その加減については、親が慎重に吟味しなければ成りませんが。
カリメン2号の考えとして明言しておきますが、虐待を肯定するつもりは、全くありませんが、今回の事件に関しては過剰な反応のような気がしてならないのです。
今回の事件の重要な点は、これが親子の信頼関係の上に成り立っているということのではないでしょうか。
子供は親を選ぶことは出来ませんが、親が子供のためにしなければならない躾に関しては、他人が口を出すことでは無いような気がしました。

今回はブログ記事は、こんな感じです。
相も変わらず、内容の無い独り言の記事ですね…。
本当に申し訳ないです。
次回のブログ記事は決まってませんが、今月も何とかして映画評論の記事はアップしたいと思ています。
一応ですが映画評論のリクエストも受け付けてはいます。(すぐに映画評論を書けるかは微妙ですが…)
近いうちに、映画についての記事をアップ出来たら良いなと思っていますので、気長に待っていただけると助かります。

カリメン2号