何処までも淡く、透き通るように…。

2012年12月30日 21:48

寒~い!!
ここ最近の気候は、異常気象ではないかと考えてしまうカリメン2号です。
まぁ、寒い夜は空気が澄んでいるせいなのか、何時もよりも月や星がハッキリと見えるような気がしますね。
冬は寒くて刺すような冷たさはありますが、朝の澄んだ空気や深々と降る雪などが綺麗だと思ってしまいます。
そして、早くも年末!!
今年は本当に色々な事がありました。
まぁ、良い事ばかりではないですが…。(悪い事しか無かった気がする。)
それは兎も角として、皆さんも良いお年を。

そして年末の最後に紹介するのは、カリメン2号が敬愛している羽住都さんというイラストレーターです。
カリメン2号が購読していた『The Sneaker』(ザ・スニーカー)という雑誌でイラストレーターとしてデビューしました。
羽住さんの作風は、主に透明水彩を使用したものが多く、透き通るような淡い色彩の作品が魅力だと思います。
角川スニーカー文庫では乙一の作品をはじめとして、多くの小説や雑誌にイラストを提供しています。
2004年には朝日ソノラマから『透きとおる扉の向こう』という画集も発売されています。
気になる方は、是非にも調べてみて下さいね。

今回のブログ記事は、こんな感じです。
これが今年最後のブログ更新となると思います。
今年最後のブログ更新が、紹介ってのも良いものなのか分かりませんが、来年は良い年になるよう祈っております。

カリメン2号
スポンサーサイト