人生はチョコレート?

2011年02月14日 22:15

バレンタイン・デー!!
いやー、恋の季節(気が早いか?)になって、浮かれ気分のカリメン2号です。
バレンタインは男子にとって、大イベントの一つといても過言ではない。
皆さんも色々な思い出があると思います。
カリメン2号は…。
苦い思い出しかない…。
甘い思い出など、ビターチョコでコーティングされているみたいなものだ。
まぁ、それは置いといて。

義理チョコって貰うと、意外に良いもんですよね。
別に意識する相手ではないのに、貰うと相手に好感が持てる。
あげる方も貰う方も、気兼ねなくって感じが良いと思いました。
ただ、一つだけ気付いたことが、職場の立場に比例して貰えるものも、グレートアップするということ。(これは、微妙な賄賂ではないのかと思うほど。)
まぁ、上の立場になればなるほど、部下のフォローとかが大変なのだと思う。
お歳暮ではないが、感謝の気持ちなのだろう。

未だに疑問なのだか。
人に聞いたところ、恋人同士でホワイト・デーのお返しは、5倍返しって本当ですか?
信じられん。
チョコレートがバックやアクセサリーになるらしいのだが…。
これって新手の詐欺じゃない?と思ってしまうカリメン2号。
愛はお金じゃないというが…。
お金に比例してることは確かなようだ。

今回はこんな感じです。
次回は評論をアップできたら良いなぁと思っています。
まぁ、厳しいでしょうけど。
それと、カリメン1号の復活がどうなったかをリポートします。

カリメン2号
スポンサーサイト

自分ルール

2011年02月04日 00:43

前回のブログ記事に引き続き、映画のブログ記事になります。
だからと言って映画評論ではないので、あまり期待しないでくださいね。
早く暖かくなってくれないかなと願っているカリメン2号です。

皆さんには自分ルールというものはあるでしょうか?
劇場で映画を観ることの好きなカリメン2号にとっては、映画に関する自分ルールと言うものが存在します。
特に劇場に置いて映画を観る時に限るのですが…。
劇場での映画観賞のルールとして、
1、上映中は喋らない。
2、携帯電話をOFFに。
3、前の席を蹴らない。
4、場内は禁煙。
5、上映中の作品を録画・録音しない。

この五つは基本として皆さんも守っていることでしょう。
この他にもカリメン2号は映画を観る時に、自分に課している独自のルールがあります。
まぁ、上映中の私語、禁煙、録画・録音はもちろんとして、携帯電話はマナーモードではなく電源までも切ります。
多くの観客が、携帯電話はマナーモードにしていれば問題ないと思っているようですが、上映中のバイブ音というのは、意外なほど響くもので、横の座席に座っているとかなり気になります。
そして、自分なんかはポップコーンや飲み物なども、上映中は一切の飲食をしないように心掛けていますね。
正直に言いますとカリメン2号にとって、上映中の咀嚼音とか考えられない!!のです。
そして、映画は最後まで観るということです。
本編が終わりエンドロールが流れると、上映中にも拘らず立って出て行く人がいるが、映画というのはエンドロールを含めて一本の作品だと思うのです。
と言うか、立つなー!!

しかし、前回はこの自分ルールを破ってしまった…。
かなりお腹が減っていたので、映画を観ながらポップコーンを食べてしまった。
しかも飲み物付き…。(言い訳でゴメンナサイ。)
そして、何よりも嫌だった携帯電話の電源を切れなかったこと!!(仕事上、仕方なく。)
しかも、上映中にバイブがなったことが、もう最悪…。
自分ルールが、崩れ去って行く音が聞こえた瞬間でしたね。
皆さんも相手に強要しない程度に、自分ルールを作ってみてはどうでしょうか。

カリメン2号