へたれ国家

2010年11月08日 01:13

このブログ…、絶滅寸前。
更新ができない日々が続いているカリメン2号です。
最近、全然と言って良いほど更新ができていません。
言い訳をさせてください…。
マジで忙しいです。
何かとしなければならない事が多く、年末に近付いているからなのかもしれません。
「誰か、誰か助けて下さい!!」(某映画のセリフ)
と空港でなくても、叫びたくなります。
前回の予告通りに映画評論をアップしたかったのですが…。
無理でした。
しかし、リクエストには必ず答えますので、もう少し気長に待っていてください。

最近の日本外交はヒドイ!!
ここでは、あまり政治や思想の話は避けているんですが…。
あまりにも頭に来たので、今回の独り言は暴言特集ということです。
かなり思想的な偏りがなどがありますので、嫌な方は見ないでください。(ブログが炎上しない事を祈る。というか見ている人はそんなにいないかぁ。)
いや~、中国は頭に湧いているのではないのかと思う。
ユーチューブで衝突映像を見ましたが、明らかにぶつかってきている。
船の知識がない自分が見ても分かるくらいに。
しかも、聞いた話では海上保安庁の方が亡くなられてるらしい。(名前まで公開されてるところもあるようです。)
本当に日本政府は何をしているのかと思うね。
これは明らかに、敵が自国の領土に攻め入っているのである。
それは完全に宣戦布告ととっても問題ない行為だと思える。
映像を公開したsengoku38さんに、映像を志す者のとして敬意を表する。
まぁ、あの中国に対するへたれ外交で、ロスケどもが動き出したのは明らかなことだろう。
奪われた領土のに敵国のトップが来るという屈辱…。
それを「遺憾に思う」という発言だけで終わらせる政府には、ほとほと失望させられる。
へたれと言うわずしてなんと言う。
戦後60年間、一度も戦争をしていない事は日本人として誇りに思う。
しかし、魂という牙まで奪われたつもりはないということを、改めて考えさせられる時期に来ているのではないだろうか。

カリメン2号
スポンサーサイト