連れ連れなるままに・・・

日々の日常の中で、ふと感じたことを気ままに書いています。 最近観た映画や読んだ小説などの感想、趣味の紹介なども書いていこうと思います。

スポンサーサイト

Posted by カリメン1号・2号・3号 on

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新たなる投資の世界へ

Posted by カリメン1号・2号・3号 on   4 comments   0 trackback

暑い~、溶ける~。
毎年のように、この言葉を言っているような気がしますが、暑さも盆までとは言いますが、暑くて溶けてしまいそうな時期ですね。
早めのブログ更新を心掛けていたのですが、またしても時間が掛かってしまいました。
相変わらず調子の良くない状態が続き、この暑さとは関係なく、すでに頭の中身は溶けてしまっている状態カリメン2号です。
北国育ちのカリメン2号にとっては、意外にも寒さよりは暑さに強い方なのですが、それでも限界というものがあります。
自分が思うに幼い頃は、よくこんな炎天下の中を走り回っていたなと、今更ながらに驚かされるばかりです。
あの頃の子供としての体力って、ある意味で凄いですね。
今現在は体力どころか、精神力や気力までも底を尽きかけているので、今回のブログ記事も独り言のようになってしまいました…。
なかなか思い通りにブログ更新できませんが、気長に付き合っていただけると助かります。

少し前から気になっていたことなのですが、自分の人生の中で初めての個人投資というものをしてみました。
とは言うものの証券会社や投資信託などに行って、株券を売買するというような本格的なものではなく、クラウドファンディングなる少額の出資システムを体験してみたのです。
元々、カリメン2号は株取引というものに懐疑的な考えを持っています。
株は実体というものが存在せず、相対的価値基準によって値段が変動するもので、自分にとって価値が無ければ、証券など紙屑と同義だと思っています。(まぁ、物の価値なんてもの自体が相対的ですが…。)
正直なところ株の投資で金を稼ぐという行為自体、競馬やパチンコで金を稼ぐことと同様のギャンブルとしか思えないのです。
そんなカリメン2号が、初めて投資というギャンブルをしても良いかなと思えるような、クラウドファンディングがありましたので、何事も経験してみなければ分からんと考え、ある企画に出資することにしました。
少額とは言え投資するにも事前情報も無いまま出資するほど、カリメン2号は財産があるわけではないので、色々と調べてみたところ、現在の日本のクラウドファンディングには、大きく三つに分類することが出来るようです。
一つ目のタイプは、その企画に出資しても何の見返りもないタイプで、これは募金活動や寄付金集めなどと言った、昔からあるような社会貢献に近い、無償のクラウドファンディングのようです。
二つ目のタイプは企画に出資することで、金銭的なものだけではない何らかの見返りがあるものであり、これが世間一般でクラウドファンディングと言われる出資システムの多くに該当するでしょう。
そして最後のタイプは二つ目のタイプに近いのですが、ある企画に出資することで、その企画が持っている何らかの権利や物品を購入するというものであり、その企画自体を支援するというタイプになっています。
何よりもクラウドファンディングの利点としては、出資者として投資金額が少額であるということでしょう。
それによって資金を集めている企画は出資者が集まりやすく、企画の達成し易いということだと思います。
そして、嬉しいことに企画に出資した人たちに、少なからずも企画に関係したリターンがあるということだと思います。
ただ良い面ばかりというものでもなく、クラウドファンディングの企画において、資金集めの目的はハッキリとしていますがで、集められた資金が、何に使用されていたのかという明細は無く、資金の使い道が出資者に対して明確にされないという点です。
まぁ、これは証券取引そのものにも言えることなのですが、しかしながら証券取引所のような世界経済を扱っている訳ではないので、その点においては信用度というものは低いのではないかと思います。
つまるところ、クラウドファンディングの企画に投資するということは、その企画自体が偽物で、資金を騙し取られる可能性が高いということなのです。(これは、どの様な詐欺行為にも当てはまることなのですが…。)

クラウドファンディングの説明はこんなものとして、正直なところ初めての個人投資の感想としては、投資というよりは募金に近いなという思いでした。
これまで募金と言えば、学生時代の赤い羽根募金しか経験のないカリメン2号ですが、クラウドファンディングに関しては、投資と言うような感覚は皆無に近いですね。
まぁ、その企画に出資しているという自負と、無償の募金よりはリターンがあるので、幾分かマシということだけのことだと思います。
カリメン2号の想像しているような、金を稼ぐことを目的としている投資行為からすると、クラウドファンディングという投資は、その企画に少しだけ資金という力を貸しているという印象が強いです。
このことを考えると募金活動としての面からみると、社会貢献を目的にしている企画であれば、ある程度は資金を集めやすくなっている事は事実でしょう。
あまり募金活動なるモノをしてきていないカリメン2号でも、この新たな募金の形態が、何か新しい物事に繋がって行けば良いなと思います。
今後は色々な企画がクラウドファンディングによって生まれ、それに協力したい個人が資金という力を貸していく時代が来るのではないかと思います。
夢のある面白い企画のイベントや社会問題を解決する手助けに、クラウドファンディングが役に立ってくれれば良いのですが…。
新しい仕組みが誕生すると、それを悪用しようとする人も必ず出てくるので、過渡期の現段階では少なからずも不安を感じますね。
いずれかはクラウドファンディングによって、カリメン2号の夢である映画館の株主になることも、夢ではないのかもと期待してやまないです。

今回はブログ記事は、こんな感じです。
相変わらず文章のまとまりもない、本当に中身の無い独り言でしたね。
本当に申し訳ないです…。
とは言ううものの、今回の事でクラウドファンディングには、まだまだ可能性があるように感じてきています。
実際に映画制作においては、クラウドファンディングを取り入れて、制作費を捻出している作品もあるようで、自分の出した資金によって映画制作が行われるなんて、なかなか夢のあるようなことだと思います。(実際の映画制作には、小さな作品でも莫大な資金が掛かってます。)
次回のブログ記事は決まっていませんが、映画評論とかも更新が出来れば良いなと思っています。
映画評論や紹介記事に書きたいことがあるのですが、書けるだけの気力があるかは微妙ですね。

カリメン2号

スポンサーサイト

魂の叫び

Posted by カリメン1号・2号・3号 on   1 comments   0 trackback

暖冬から一変して日本各地で寒波が押し寄せ、各地で雪を見る機会が増えていますね。
まぁ、雪国で育ったカリメン2号にとっては、それほど珍しい光景ではないですが、雪の降らない地域では都市機能がマヒしてしまうこともあるようです。
前回のブログ内容では映画評論をアップする予定でしたが、年末からの個人的なゴタゴタから、精神的に立ち直れていないカリメン2号です。
精神的に疲弊していたこともあり、心に栄養を付けるために、年末から唯一の楽しみだったライブに行ってきました。
心が疲弊していたことと、そして何よりも久しぶりのライブだったので、ライブを楽しめるかは疑問を感じていましたが、やはりライブは楽しい!!
自分の中では、年に数回はイベントごとに参加しようと思っていたので、新年一発目のイベントが、このライブで良かったと思わせる内容でした。
見に行って来たライブは、以前にブログで紹介したamazarashiというバンドで、文字を使った映像の演出と強いメッセージ性が織りなす、独特の雰囲気を持ったライブでした。

今回のライブの演奏曲
『amazarashi』 世界分岐二〇一六のライブの演奏曲目

今回のライブでは、開場待ちをしていた時に驚かされたことがあり、なんと前に並んでいたファンが外国人らしく、ライブ前の楽しそうな会話が日本語ではない言語で聞こえてきていました。
『季節は次々死んでゆく』が、アニメの『東京喰種トーキョーグール√A』のエンディングテーマ起用されるなど、人気アニメのタイアップ効果があったということもあり、amazarashiが世界的に有名になったことは、一介のファンにとっては嬉しい出来事でした。
以前に紹介したようにamazarashiというバンドの曲は、綺麗事では無い世界の悲しみや苦しみに寄り添うような歌詩が多く、その事が独自の世界観を作り出し、傷の負ったことのある人に強く刺さるように思います。
その世界観はライブに置いても同様で、ライブ会場では涙を流す観客もいるようで、曲が終わると会場からは鼻をすするような音も聞こえて来ます。
また、ライブを見に来ているファンは、ほぼ微動だにせずに聞き入っている人が多く、通常のバンド(特にロックやアップテンポの多いバンドなど)とは違い、誰一人として手を振ったりなどはしないですね。
ロックバンドのライブに行くことが多いカリメン2号にとっては、最近のバンドとしては珍しく、ライブのラストにアンコールが無いという、なかなか不思議な雰囲気と余韻を残すライブでした。

今回のブログ内容は、こんな感じです。
新しい年になったというのに、早くも月に一本の映画評論という目標が果たせそうにないです…。
とはいうものの、少しだけですが心の充電が出来たので、次回のブログ記事は何としても映画評論をアップしたいと思います。
まぁ、予定ですの期待はしないでいただけると助かります。

カリメン2号

袋には福が入っていた!!

Posted by カリメン1号・2号・3号 on   0 comments   0 trackback

明けまして、おめでとうございます。
このブログを観に来てくださっている方々には、昨年は本当にお世話になりました。
本年もこのブログ共々、カリメン1号・2号・3号をよろしくお願いいたします。


というような堅苦しい挨拶はここまでにしまして、新しい一年のスタートがやって来ました。
今年も早めのブログ記事のアップを目標としているのですが…。
新年早々、早くも「明けまして、おめでとうございます。」と言うには、遅すぎるような気がしますね。
早速なのですが昨年を振り返り、過去の記事を自分で読み返してみると、意外と色々なことをブログ記事にしているのだなと、自分自身に驚かされますね。
とは言うもののカリメン2号の個人的な実生活は、相変わらずの生活を送っていた訳で、特に変わったこともない平凡なものでした。(それが一番だと思うのですけどね。)
昨年一発目のブログ内容は、飲み会での愚痴みたいなものでしたし、映画評論の出来は良くなかったですし、独り言の記事の半分以上は愚痴でした。
そんな一年でもカリメン2号にとっては嬉しいこともあり、古い友人である棚花尋平の作家デビューがあり、親戚関係とも顔を合わせる機会が多かったですし、そして年末には新しいブログ仲間の登場などもありました。
まぁ、それなりに充実していた一年だったのではないかと思います。
さて今年一年はどの様な年になるのかと考えると、楽しみであり不安でもあると言ったところでしょうか。
そんな訳で今年一発目のブログ記事は、残念ながらまたも独り言なのです。
年末の忙しい時期に、親戚関係のゴタゴタなどがあり、精神的に疲弊していたカリメン2号ですが、そんな中でも楽しみというものは必要で、今年の運試しも兼ねて福袋というものを買ってみることにしました。
欲しいと思った物に関しては、割ときちんと購入するカリメン2号にとって、その場の勢いのみで初めてとなる福袋を購入してみたのです。
カードゲームの詰め合わせみたいな福袋は、ネット通販で値段もそれほど高くなく、中身も期待していなかったのですが、やはりイベントごとのようなワクワク感という楽しさはありました。
楽しみにいていた福袋の段ボールが届き、それを開けてみると、なんとネットに掲載されていた福袋の中身があるだけというものでした。
「福袋」と書かれている赤い袋を想像していたカリメン2号にとっては、段ボールの中に商品というスタイルは、肩透かしを食らった気分になってしまいました。
しかしながら、それでも期待していなかった中身の方は、想像以上に良いものが入っており、カリメン2号にとっては満足の行く当たりの福袋となったのです。
欲しいものは購入するというスタイルだったので、福袋の中身には懐疑的なイメージしかなかったですが、本当にの中からやって来た!!と思うような出来事でした。
ただ今年一年の運を、早々に使い切ってしまったのではないかと不安になるカリメン2号です。

今回のブログ記事は、こんな感じです。
福袋は中身が選べないというものなので、多くの人が元旦にも関わらず買いに行く行為が疑問でしたが、今回の出来事で納得しました。
なるほど、これは楽しい!!
てな訳で今年も、このブログをよろしくお願いいたします。
最後にですが今年の抱負についてカリメン2号の目標を立てておきたいと思います。
基本的にはブログ更新のスピードアップですかね。
そして、今年こそは月に一度は、映画評論をアップする!!を頑張りたいです。(正直に言いますと、出来る気がしない…。)
次回のブログ内容は決まっていませんが、早い段階で映画評論をアップする予定ですので、楽しみにしていて下さい。

カリメン2号

魑魅魍魎の世界へ

Posted by カリメン1号・2号・3号 on   0 comments   0 trackback

寒い日々が続いており、家からますます出なくなりつつあるカリメン2号です。
寒くなるにつれて、体調管理の難しい時期になりつつあるのか、最近は有名人の訃報が多いように感じますね。
つい先日のニュースで、昭和の大女優である原節子さんの訃報を聞いたばかりなのに、またしても有名なマンガ家である水木しげるさんが、亡くなってしまったというニュースを耳にしました。
日本独自のマンガ妖怪という特殊な文化を、支えてきた中心人物が亡くなってしまった事は、本当に残念でならないです。
自分の思い出としては、大学時代の勉強でカリメン2号は、マスコミや情報伝達の「メディア」と歴史や民俗学などの「人文学」という、相反する様な学問を大学で学んでしました。
人文学については過去のブログ記事でも紹介しましたが、この学問にも多くの分野が存在しており、その中でも特に民俗学という分野において妖怪という独特な文化が存在しているのです。
ここで言うところの「妖怪」とは、ビデオカメラに映ってしまった幽霊や心霊写真の研究というものではなく、日本の文化を通してみた妖怪という存在についての学術研究でした。
流石に大学という研究機関で学んでいましたので、ツチノコを捕まえるための研究したり、ビックフットの生態を学んだりなどという、ミステリーハンター紛いのようなことをしていた訳ではないです。
まぁ、それは兎も角として学問としての「妖怪」という存在においては、水木しげるさんの『ゲゲゲの鬼太郎』(若しくは『墓場鬼太郎』)というマンガ作品は、とても重要な意味を持っていたように感じます。
カリメン2号が思うに、日本文化の中の「妖怪」とは、江戸の浮世絵師である鳥山石燕により画像化され、柳田國男という民俗学者によって定義付けがなされ、マンガ界の巨匠である水木しげるによって多くの人々に認知されて行ったのです。
特に『ゲゲゲの鬼太郎』という作品に関しては、日本で知らない人は居ないのでは無いだろうかと思えるほど有名な作品ですよね。
ひと昔前まではテレビ放送もされており、夏休みの子供向けアニメーション映画として、多くの映画館で上映されていました。
ここ最近では、大人向けアニメとして復活を果たした『墓場鬼太郎』や、水木しげるの奥さんである武良布枝さんの『ゲゲゲの女房』が注目を集めていました。
カリメン2号も大学でのレポートでは、題材として取り上げさせて頂いたことの多い作品だったと記憶しています。
そんな日本文化の偉大な先人が亡くなってしまったことは、妖怪の文化研究という分野において、大きな痛手になるように感じます。
しかも、あのようなおどろおどろしいマンガ作品を描ける才能を持った作家さんが、今後も世の中に出てくるかは微妙なところでしょう。

今回はブログ記事は、こんな感じです。
まだまだ、ブログ記事に書き足りない部分もあるのですが…。
あまり長々と記事を書くと、また長い長い休憩を取らねばならなくなりますので、今回はこの辺にしておきます。
次回の内容は決まっていませんが、伊藤計劃の原作映画である『‹harmony/›』(ハーモニー)を劇場で観たこともあり、出来れば原作小説の方を紹介できたら良いなと思っています。

カリメン2号

さぁ、ゲームの時間だ。in イベント・Part2

Posted by カリメン1号・2号・3号 on   2 comments   0 trackback

秋と言うにはまだ早いですが、それでも随分と涼しくなってきました。
シルバーウィークも色々とイベントごとが多いですが、カリメン2号は相変わらずインドアを楽しんでいます。
今年は連休も重なったこともあり、この時期になると紅葉の散策各地の秋祭りなどのイベントが、目立つようになってきますね。
まぁ、シルバーウィークと名を打っていますが、何やら訳の分からん休日が増えていますけど…。
それは兎も角としてイベントが増えることは、イベント好きのカリメン2号にとっては嬉しい限りです。
特にゲームに関していうと、数日前に東京ゲームショーというテレビゲームの一大イベントが、東京の幕張メッセで開催されていました。
ゲーム好きにはたまらないイベントであり、カリメン2号も一度くらいは参加してみたいイベントの一つです。
まぁしかし、距離的な問題で足を運ぶのは、現実的になかなか難しいですが…。
今回のブログ記事もゲームに関してなのですが、こちらはテレビゲームではなく、MTGというカードゲームのイベントに、またまた参加してきました。
思いのほか、近隣で開催されていたイベントなので、インドアなカリメン2号も、珍しく外出してきた次第です。

MTGのゲーム風景
ゲーム風景

割と大きなカードゲームのイベントともなると、メインイベント(対戦の勝敗を中心としてゲーム)とサブイベント(対戦自体の面白さ、またゲームそのものに触れてもらう目的)に分かれており、メインイベントではMTGの高い戦略を感じる、熱い戦いが繰り広げられていました。
ガチのプレイヤーではないカリメン2号は、メインイベントには参加していなかったのですが、それでもゲームを観戦しているだけで熱い血潮に胸躍るようでした。
何よりも、このイベントに参加して良かったと思えた事は、イベントの中で見ず知らずの人と、MTGを通して知り合いになることが出来たことだと思います。
一人でイベントに参加したにも関わらず、メインイベントに参加していた人を応援し、ゲームの勝敗に一喜一憂できたことが、何よりも楽しかったです。
うーん、流石は世界中で多くのプレイヤーにプレイされてるカードゲームだけはありますね。
参加されていたプレイヤーの皆さんは親切で、とてもフレンドリーな方が多く、MTGが紳士のゲームと言われているのも、納得の行く体験をさせてもらった気がします。
しかしながら、サブイベントのみに参加しようとしていたカリメン2号なのですが、メインイベントの参加者の多さや会場のサイズの関係など、色々な要因が重なり、結局のところサブイベント自体に、参加することが出来なかったのです。
メインイベントにも、勇気を出して参加すれば良かったと後悔しながら、またしても観てるだけ状態のイベント参加になってしまいました…。
残念!!
まぁ、それでも楽しかったから良かったんですけどね。
もしも次回も、このようなイベントが近場で開催されるのであれば、今度こそは参加できるようにしたいと思っています。

今回のブログ記事は、こんな感じです。
本当はシルバーウィーク中に、映画評論をアップしたかったのですが、このイベント参加に力を注ぎ過ぎてしまいました。
申し訳ないです…。
近いうちに、何とかして映画評論をアップしますので、もう少し待っていただけると嬉しいです。

カリメン2号

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。