連れ連れなるままに・・・

日々の日常の中で、ふと感じたことを気ままに書いています。 最近観た映画や読んだ小説などの感想、趣味の紹介なども書いていこうと思います。

スポンサーサイト

Posted by カリメン1号・2号・3号 on

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

映画評論38

Posted by カリメン1号・2号・3号 on   2 comments   0 trackback

8月も終わりに近づき、穏やかな秋が来るのかと思いきや、台風ばかりが日本に来ていますね。
天候の荒れ模様に呼応するように、相も変わらず毎日のように暴風波浪警報が鳴り響いている心理状態のカリメン2号です。
とは言うものの最近になって、少しだけ心理状態も安定して来たようで、幾つかの映画を映画館に観に行くだけの元気は出てきたようで、外出す機会も少しだけ増えて来ました。
それは兎も角として、精神的に安定してない時期が長く続いてしまった事もあり、月に一本は映画評論の記事をアップするという目標は早々に破綻してしまいました。
しかしながら、それでも月に一本の映画評論という目標は変更せずに、頑張っていきたいと思っておりますので、温かく見守っていただけると助かります。
そんな訳で、早速ですが今回のブログ記事は映画評論をアップしたいと思っておりますが、月末の評論アップとは何ともギリギリで間に合わせた感は否めないですね。
まぁ、お盆の時期ということもあり、夏のホラー映画特集ということで映画の評論を書いていたのですが、思いのほか時間が掛かってしまいました。
毎度の事ですが、あまり出来の良い映画評論でないことと、ネタバレの情報を含みますので、嫌な方は見ないでいただけると助かります。
映画評論を書いといて言うことでは無いのですが、特に今回の映画評論で取り上げた『ヴィジット』という作品を、純粋に楽しみたいと思ってる方は、ブログ記事を読まないことをお勧めいたします。

『ヴィジット』
 2015年度の映画作品の多くには、「狂気」というテーマが内在していたように思う。「狂気」と言っても、誰の目から見ても分かるようなものから、静寂の中に潜むような狂気も存在する。そんな「狂気」というテーマを見事に「恐怖」に作り替えた作品が『ヴィジット』であった。監督を務めたのは『シックス・センス』や『サイン』などを手掛けたM・ナイト・シャマラン監督である。監督の作品は近年では、賛否両論を巻き起こすことが多く、ホラー作品としては鳴りを潜めていました。
 ストーリーは、絶縁状態であった祖父母に会いにやって来た姉のベッカと弟のタイラーは、祖父母の暮らす田舎町で1週間を過ごすことになっていた。祖父母と母親との絶縁状態を終わらせるべく、ベッカは祖父母のドキュメンタリー映画を撮ろうとするのだが、時折見せる祖父母の異様な雰囲気に戸惑う姉弟であった。夜になると祖母が家中を徘徊していたり、祖父の様子も決して普通ではないことに気付くのであった。不気味さを感じながらも週末を迎え、ウェブカメラで母に久しぶりの祖父母の姿を見せるのだが、それが別人であることを知ってしまうのであった。滞在日の最後の夜にゲームをしている最中、姉のベッカは隙を見て地下室で本当の祖父母の死体を見つけてしまう。その事に気が付いた祖父に成り代わった老父によって、暗い部屋に祖母に成り代わった老婆と閉じ込められてしまうのであった。そこで襲ってきた老婆を鏡の破片で刺して、タイラーのところに急ぐ姉のベッカ。その一方でタイラーは老父の前で、恐怖に怯えて一歩も動けずに、立ち尽くしていたのだが、姉のベッカが祖父に襲い掛かかり、タイラーを守ろうとしたことをきっかけに、タイラーも老父にタックルを食らわせて、共に逃げ出すことに成功するのであった。
 どの様な映画作品でも重要な要素を含むのがファーストカットであり、それが作品全体のテーマに準ずる場合が多い。『ヴィジット』もホラー作品ではあるが、映画としての重要な要素は、やはりファーストカットにシーンに集約されていたように感じた。ホラー映画にも関わらず、主役が年端もいかない姉弟ということを考えると、映画作品としてのテーマ性も随分と絞られる。特に今回の『ヴィジット』という作品は、随所に「大人になるということ」というテーマ性が隠されていたように思う。映画としてのファーストカットはインタビューシーンで始まり、その事がこれから始まる映画の映像的なスタイルそのものを表すものであった。そして、ベッカのカメラを通した母親の姿は、大人へと変わろうとする自分自身の象徴として捉えることができる。それがハッキリと分かるのがラストカットのインタビューシーンであり、大人へと成長を遂げた母親の姿という演出となっていたのである。映像としては作品の全体を通して、セルフドキュメンタリーのような一人称での視点を中心としたものになっており、これは観客の視覚を狭めると同時に、登場人物であるベッカとタイラーの視点を共有することで、観客の恐怖を倍増させるような演出になっている。この使い古された演出にもかかわらず、観客を飽きさせないようなストーリー構成は、流石は名監督であるM・ナイト・シャマランと言ったところだろう。特に一人称で撮影している様なカメラワークにもかかわらず、決してプロっぽくないような映像は、観客として何の違和感も無く観ることが出来たように思う。そしてまた、恐怖のシーンと穏やかなシーンとの緩急を付けた映像の上手さや、自然の背景に赤い字のテロップを載せるなどの静かな狂気の演出などが、さらに観客の恐怖を煽るようになっていた。
 近年では賛否両論の多かったシャマラン監督の『ヴィジット』という作品は、過去に手掛けた名作のような、確かなメッセージ性が伺い知れたように思う。それは「大人になるということ」ではないだろうか。映画に登場する小物や演出の多くのシーンで、民俗学に見られるような通過儀礼が使われていたように感じる。昔話に登場する魔女を殺すという行為は、一種の通過儀礼の象徴として描かれていることが多い。つまり真実を映し出す鏡という物で、母親の象徴である魔女のような老婆を殺すという行為は、ベッカ自身のアイデンティティに確立に他ならないのである。それは映画のファーストシーンからラストシーンでの母親の変化や祖母の家に在った大きなオーブンの存在、そして老婆と共に閉じ込められた部屋での鏡の演出などからも明らかであるように思う。また、映像としても、カメラを通した祖父母の姿は大人の象徴であり、子供たちからの見た彼らとは、まさに得体の知れない大人の世界そのものであったように感じる。姉弟が経験した一週間という旅行は、姉弟にとっての大人への通過儀礼に他ならず、まさに現代版のおとぎ話であるヘンゼルとグレーテルの様相を呈しているように感じた。

今回の映画評論は、こんな感じです。
久しぶりに書き上げた映画評論ということもあり、あまり出来が良くない…。
映画評論としての演出意図や表現の考察、そして特に古典寓話に対する民俗学的な考察部分が、全くと言って良いほど書きたいことが書けていないように思います。
何とか月に一本は映画評論をアップすることは出来ましたが、急いで書き上げたせいなのか、改めて映画作品を観なおすと、もう一つの隠されているテーマが浮かび上がってくるような気がしました。
それは「高齢化する社会の歪み」みたいなもので、演じていた役柄の老父と老婆から読み取ることが出来るのもでした。
今や核家族が当たり前の時代となり、人間同士の繋がりみたいなものが希薄になってきていますから、彼らの姿は今現代の姥捨て山に近いのではないかと思い、その事に改めて恐怖を感じるカリメン2号でした。
とは言え今月の目標はクリアということで、次回のブログ記事は決まっていませんが、何か紹介記事でも書ければ良いかなと考えています。
また秋という季節も、イベント事が多くなる時期ですので、近いうちに何かのイベントなどに参加する予定を立てています。
なので、その事もブログ記事にしたいと思っていますので、気長に待っていていただけると嬉しいです。

カリメン2号

スポンサーサイト

新たなる投資の世界へ

Posted by カリメン1号・2号・3号 on   4 comments   0 trackback

暑い~、溶ける~。
毎年のように、この言葉を言っているような気がしますが、暑さも盆までとは言いますが、暑くて溶けてしまいそうな時期ですね。
早めのブログ更新を心掛けていたのですが、またしても時間が掛かってしまいました。
相変わらず調子の良くない状態が続き、この暑さとは関係なく、すでに頭の中身は溶けてしまっている状態カリメン2号です。
北国育ちのカリメン2号にとっては、意外にも寒さよりは暑さに強い方なのですが、それでも限界というものがあります。
自分が思うに幼い頃は、よくこんな炎天下の中を走り回っていたなと、今更ながらに驚かされるばかりです。
あの頃の子供としての体力って、ある意味で凄いですね。
今現在は体力どころか、精神力や気力までも底を尽きかけているので、今回のブログ記事も独り言のようになってしまいました…。
なかなか思い通りにブログ更新できませんが、気長に付き合っていただけると助かります。

少し前から気になっていたことなのですが、自分の人生の中で初めての個人投資というものをしてみました。
とは言うものの証券会社や投資信託などに行って、株券を売買するというような本格的なものではなく、クラウドファンディングなる少額の出資システムを体験してみたのです。
元々、カリメン2号は株取引というものに懐疑的な考えを持っています。
株は実体というものが存在せず、相対的価値基準によって値段が変動するもので、自分にとって価値が無ければ、証券など紙屑と同義だと思っています。(まぁ、物の価値なんてもの自体が相対的ですが…。)
正直なところ株の投資で金を稼ぐという行為自体、競馬やパチンコで金を稼ぐことと同様のギャンブルとしか思えないのです。
そんなカリメン2号が、初めて投資というギャンブルをしても良いかなと思えるような、クラウドファンディングがありましたので、何事も経験してみなければ分からんと考え、ある企画に出資することにしました。
少額とは言え投資するにも事前情報も無いまま出資するほど、カリメン2号は財産があるわけではないので、色々と調べてみたところ、現在の日本のクラウドファンディングには、大きく三つに分類することが出来るようです。
一つ目のタイプは、その企画に出資しても何の見返りもないタイプで、これは募金活動や寄付金集めなどと言った、昔からあるような社会貢献に近い、無償のクラウドファンディングのようです。
二つ目のタイプは企画に出資することで、金銭的なものだけではない何らかの見返りがあるものであり、これが世間一般でクラウドファンディングと言われる出資システムの多くに該当するでしょう。
そして最後のタイプは二つ目のタイプに近いのですが、ある企画に出資することで、その企画が持っている何らかの権利や物品を購入するというものであり、その企画自体を支援するというタイプになっています。
何よりもクラウドファンディングの利点としては、出資者として投資金額が少額であるということでしょう。
それによって資金を集めている企画は出資者が集まりやすく、企画の達成し易いということだと思います。
そして、嬉しいことに企画に出資した人たちに、少なからずも企画に関係したリターンがあるということだと思います。
ただ良い面ばかりというものでもなく、クラウドファンディングの企画において、資金集めの目的はハッキリとしていますがで、集められた資金が、何に使用されていたのかという明細は無く、資金の使い道が出資者に対して明確にされないという点です。
まぁ、これは証券取引そのものにも言えることなのですが、しかしながら証券取引所のような世界経済を扱っている訳ではないので、その点においては信用度というものは低いのではないかと思います。
つまるところ、クラウドファンディングの企画に投資するということは、その企画自体が偽物で、資金を騙し取られる可能性が高いということなのです。(これは、どの様な詐欺行為にも当てはまることなのですが…。)

クラウドファンディングの説明はこんなものとして、正直なところ初めての個人投資の感想としては、投資というよりは募金に近いなという思いでした。
これまで募金と言えば、学生時代の赤い羽根募金しか経験のないカリメン2号ですが、クラウドファンディングに関しては、投資と言うような感覚は皆無に近いですね。
まぁ、その企画に出資しているという自負と、無償の募金よりはリターンがあるので、幾分かマシということだけのことだと思います。
カリメン2号の想像しているような、金を稼ぐことを目的としている投資行為からすると、クラウドファンディングという投資は、その企画に少しだけ資金という力を貸しているという印象が強いです。
このことを考えると募金活動としての面からみると、社会貢献を目的にしている企画であれば、ある程度は資金を集めやすくなっている事は事実でしょう。
あまり募金活動なるモノをしてきていないカリメン2号でも、この新たな募金の形態が、何か新しい物事に繋がって行けば良いなと思います。
今後は色々な企画がクラウドファンディングによって生まれ、それに協力したい個人が資金という力を貸していく時代が来るのではないかと思います。
夢のある面白い企画のイベントや社会問題を解決する手助けに、クラウドファンディングが役に立ってくれれば良いのですが…。
新しい仕組みが誕生すると、それを悪用しようとする人も必ず出てくるので、過渡期の現段階では少なからずも不安を感じますね。
いずれかはクラウドファンディングによって、カリメン2号の夢である映画館の株主になることも、夢ではないのかもと期待してやまないです。

今回はブログ記事は、こんな感じです。
相変わらず文章のまとまりもない、本当に中身の無い独り言でしたね。
本当に申し訳ないです…。
とは言ううものの、今回の事でクラウドファンディングには、まだまだ可能性があるように感じてきています。
実際に映画制作においては、クラウドファンディングを取り入れて、制作費を捻出している作品もあるようで、自分の出した資金によって映画制作が行われるなんて、なかなか夢のあるようなことだと思います。(実際の映画制作には、小さな作品でも莫大な資金が掛かってます。)
次回のブログ記事は決まっていませんが、映画評論とかも更新が出来れば良いなと思っています。
映画評論や紹介記事に書きたいことがあるのですが、書けるだけの気力があるかは微妙ですね。

カリメン2号

2015年度のベスト3

Posted by カリメン1号・2号・3号 on   6 comments   0 trackback

新緑の良い季節になって来たというのに、相も変わらず精神的に安定していないカリメン2号です。
これからドンドンと日差しはきつく、気温は暑くなっていくのに…。
今年の夏は、精神的にも肉体的にも持つだろうかと不安になってしまいますね。
今更ですが恒例に成りつつある映画ベスト3を発表したいと思います。
例年はキネマ旬報の2月下旬号が発売される春先に、このブログで記事をアップしていたのですが、今年は発表から随分と時間がたってしまいました…。
楽しみにして下さっている人がいるのであれば、本当に申し訳ないです。
2014年のベスト10はというと、山田洋次監督やクリント・イースドウッド監督などの作品が、ベスト10に漏れること無く入っていましたが、果たして2015年のベスト10は、どの様な結果になったのか気になりますね。
ただ毎回の事ではあるのですが、相変わらずカリメン2号がまだ観ていない作品が多数あった…。
こんな状態で今年の総評などやって良いものかと疑問に感じますが、まぁ個人的な総評なので良しとしましょう。
それでは早速ですが邦画・洋画の各ベスト3の発表です。

邦画部門のベスト3
1位:『恋人たち』
2位:『野火』
3位:『ハッピーアワー』
となりました。

洋画部門のベスト3
1位:『マッドマッドクス 怒りのデスロード』
2位:『アメリカン・スナイパー』
3位:『アンジェリカの微笑み』
という感じです。

2015年のベスト3の順位は、この様な感じになりました。
やはり、ほとんどの映画作品を見逃している…。
しかしながら、注目していたクリント・イーストウッド監督の『アメリカン・スナイパー』は、やはりベスト3には入って来ましたね。
そして邦画では『ハッシュ!』や『ぐるりのこと。』などの作品で、監督を務めた橋口亮輔監督の『恋人たち』が、見事に1位を獲得しました。
昨年の映画作品の流れとしては、2014年の映画作品の多くには「人の業」のようなテーマが、数多くの作品に取り入れられていたように感じました。
そして今年の流れとしては、2015年の総評としては「狂気」がテーマではないだろうかと思います。
『アメリカン・スナイパー』や『マッドマックス 怒りのデスロード』など、ベスト10に入った多くの作品に、これらの特徴が見て取れます。
一言に「狂気」とは言っていますが、『マッドマックス 怒りのデスロード』のような一目で見て分かるような狂気もあれば、『アメリカン・スナイパー』や『きみはいい子』のような、静かな狂気というのも目立っていたような気がします。
今回のベスト10の結果は、今の世界情勢を映し出しているようにカリメン2号は感じました。
まさに今現在の世界情勢が狂気じみているということの象徴ではないかと思います。
特に邦画に関しては、戦争が重要な要素となっている作品が3つもベスト10に入っていますが、これは昨年の安全保障関連法案に対する警鐘なのではないかと考えます。
テロや国際的な紛争が収まっていない情勢の最中、今まで戦争というものから遠い立ち位置にいた日本が、戦争やテロの標的になるような行動をとるのは、狂気じみているということを映画作品は映し出しているように感じました。

今回のブログ記事は、こんな感じです。
映画とは社会を映し出す鏡だとは言いますが、これだけベスト10の作品に「狂気」というテーマが散りばめられていると、本当に「狂気」が世界中に蔓延しているように感じますね
とは言うもののベスト10に入った作品のどれか一つは評論しようと思っているのですが、今回は本当に観ていない作品が多すぎて、映画評論を書くにはかなりの時間が掛かりそうです。
また、ここに掲載しました順位の情報は、キネマ旬報の2月下旬号からの引用となっています。
次回のブログ記事は決まっていませんが、何としての今月中に一本は映画評論をアップしなければと思っています。

カリメン2号

進化はアトラクションのように

Posted by カリメン1号・2号・3号 on   4 comments   0 trackback

最近の気候は不安定で、風情ある日本の四季が失われつつあるように感じるカリメン2号です。
相変わらずのテンションなのですが、気候の不安定さに呼応するように、ますます気持ちが落ちて行っているようです。
それでも少しはブログ記事をアップしていきたいと思い、映画についての記事をアップしたいと思っています。
前のブログ記事でも、少しだけ書かせていただきましたが、本当に技術の進歩による娯楽の変化は早いものですね。
インターネットのによる映画チケットの販売は、デジタル化されているのは知っていたのですが、劇場でのチケット販売までもがタッチパネルの機械式に変わっていた事は本当に驚かされました。(それとも今では、これが主流なのか?)
映画撮影のフィルムも、劇場での上映用フィルも主流はデジタルフィルムとなり、映画が時代の変化の中で劇的に変わってきているように思います。
そんな新技術の中で、気になっていたものの今まで体験する機会が無かった、最新技術の4DXなるものを体験してきました。

4DXの看板

映画の技術革新については、技術的な記事から独り言のようなことまで、過去の記事にも書きましたがカリメン2号は映画の3D化には否定的です。
しかしながら、果たして自分が体験してもいない4DXの記事を書くのはどうかと思い、実際に劇場まで足を運んだという訳です。
まぁ、どの様な事でも初体験というものは手間取ることが多く、今回の4DX体験も色々とありました…。
映画を上映するギリギリの時間に着いてしまったカリメン2号が全面的に悪いのですが、入場手続きが本当に面倒くさいものだと感じてしまいました。
チケット発券時には心臓に持病は無いかと聞かれ、手荷物はロッカーの中にしまうよう指示をされ、劇場の入場時には係りの者に案内されるなど、普通の映画館では無いような指導を受けました。
映画の内容はさておき、映画の新技術にはネガティブなイメージを持っていたこともあり、ここまで厳重にするほど凄いものとは思っていなかったのですが、予告編の時点で座席が動いていることに驚き、これほどの対応するのには納得でした。
ただ、本当に映画を観るということに関しては、手間が掛かり過ぎているような感じを受けましたが…。
色々なブログから前もって情報を聞いていたので、何となくですがイメージは掴めていましたが、実際に体験してみると10分も経たないうちにイライラとして来ました。
分かっていた事なのですが映画鑑賞に+αという感じではなく、まさに別物のアトラクションという感じの方が強かったです。
映画の冒頭部分では新鮮な驚きを感じることは出来たのですが、何よりも映画に集中していると心臓に悪いく、何とも落ち着かないのです。
そして、雨の演出などは濡れるというほどでは無いですが、水滴が落ちて来て何とも鬱陶しいことこの上なく、座席の手元に付いている水の出る演出をOFFにすれば良かったと思ってしまうほどです。
4DXを体験してみて短い時間なら良いものの、映画という長い時間では「いい加減に落ち着け!!」と思ってしまい、某アミューズメントパークにあるようなシステムに、映画の行く末に不安を感じるものになっていました。
毎回のように思うのですが新技術の取り入れも良いが、映画作品の質の向上を切に願うばかりです。
アトラクションとしては面白い試みなのでしょうが近い将来、映画鑑賞にもシートベルトが必要になるのではと本気で危惧してしまうカリメン2号でした。

今回のブログ記事は、こんな感じです。
正直なところ映画というメディアも、棲み分けのようなものが出来てきたように思ってしまいまうね。
超大作と言われるような娯楽と興行を中心とした映画館が増えてきているように思います。
映画業界が盛り上がっていることは嬉しいのですが、その反面で雰囲気が良く、良質な映画を提供してくれる映画館が、本当に少なくなっているように思います。
時代の流れというものがありますが、少しだけ寂しいように感じてしまいますね。
次回のブログ記事は決まっていませんが、映画評論の記事をアップできれば嬉しいなと思っています。

カリメン2号

良い教科書?

Posted by カリメン1号・2号・3号 on   0 comments   0 trackback

珍しくもブログ記事の更新を快調にしているカリメン2号です。
最近は、自分自身の生活に少しだけ余裕が出来てきているのですが、それでもブログ更新は思うように進まないです…。
大学時代のように映画館ばかりに行く生活ができなくなって、映画好きとしては色々と思うことが多くなってきました。
全くと言って良いほど映画の勉強もしなくなったし、作品制作自体にヤル気が出ないです。
正直、ヤバイなぁと思います。
そんな日々ですが紹介したいと思うマンガがありますので、そちらの記事をアップしたいと思います。
本当は映画についてのブログ記事を書こうかと思っていたのですが、マンガ作品の紹介なので、映画についての記事とは少しばかり違うかなと思います。
それも今回紹介したいと思っているのは『デラシネマ』という作品なのですが、タイトルのシネマという文字のごとく、珍しくも映画自体を扱ったマンガです。

昭和30年ごろの戦後において、テレビも無い時代に10億人の観客動員数を記録した娯楽の王様である活動写真(映画)の物語である。京都の太秦には、そんな時代劇を中心とした映画会社が集まっており、その一つである日本映画株式会社(通称・日映)に二人の主人公が在籍していた。一人は入社したばかりの大部屋俳優である宮藤武晴と、同じく入社したばかりのフォース助監督である風間俊一郎であった。お互いが一流の俳優と監督を志して、彼らは毎日を悪戦苦闘の中で頑張っていたのであった。巨大産業となっていた映画業界の中でも、依然として古い慣習や旧態然とした暗黙のルールが残っており、それに疑問や葛藤を感じながらも、共に信じている「リアルさを追求した映画」を作ろうと上を目指していく。そんな現場では、日映に所属している様々な俳優や監督たちの、信念や撮影方法などの深い想いを目の当たりにしていく中で、二人は大きく成長していくのであった。

作品のストーリー自体も面白くて良いのだか、何よりも作品の中に登場するキャラクターが良い味を出ているように感じました。
しかも作者の星野泰視さんは、過去の映画史をしっかりと学ばれているようで、当時の撮影所の様子が目に浮かぶような内容になっていたと思います。
その事が、映画全盛期の事を少しでも知っている読者にとっては、「あのキャラクターのモデルは○○だな。」みたいな部分も多く、とても楽しめるものになっていたように思います。
ある意味で映画全盛期の時代を知るうえでは、本当に良い教科書になるのではないか思いました。

今回のブログ記事は、こんな感じです。
どんな仕事にも言える事のですが、理不尽ともとれる映画業界の裏側が垣間見える作品でしたが、それでも映画ファンとしてはワクワクする様なシーンも多かったように思います。
次回のブログ記事は、何をアップするかは決まっていませんが、映画評論をアップ出来れば嬉しいなと思っています。
あまり期待せずに、気長に待っていただけると助かります。

カリメン2号

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。